北海道帯広市の歯医者・歯科医院「プラス歯科クリニック」

帯広の歯医者「プラス歯科クリニック」

当院の地域への関わり

帯広の歯科医院 プラス歯科クリニック 副院長の海野久美子です。

 

先日、帯広でも雪が降りました。

 

積もりこそしませんでしたが、季節は冬ですね。

 

雪景色ともなれば、迷わずコートやダウンを着て出掛けますが、

 

雪もなく、ほぼ毎日快晴の帯広。

 

この青空の下、コートを羽織るのを少しためらってしまうのは私だけでしょうか…。

 

 

 

 

先週、子育て支援センターで歯育て講座をしました。

 

歯の衛生週間であったこともあり、内容は「歯みがき」のお話。

 

今回は、昔一緒に働いていた仲間であり現在育休中の歯科衛生士に声をかけ、手伝ってもらいました。 

 

 私からの話のほかに、市販のものも含めて様々な歯の衛生用品を展示し、歯ブラシの選び方や歯磨剤の使い方などお話したり、ママ達の日頃の歯に関するお悩みなど様々な相談をうけました。

 

 

 

 歯は生後6カ月くらいに生えてきますが、多くのママ達が専門家のアドバイスをうけることなく自己流でお子さんの歯のケアを行っています。

 

歯に関して様々な悩みを抱えながら、初めて歯科にかかるのはその1年後の1歳6カ月のフッ素塗布でという場合が非常に多いです。

 

その頃には、歯は10本近く生え、食事の形態も哺乳から離乳・普通食へ、と劇的に変化します。

 

妊娠中や産後には母親教室で赤ちゃんの発育やケアについて様々な知識が得られますが、歯に関する情報はほとんどありません。

 

予防歯科の先進国では、マイナス1歳つまり妊娠中から生まれてくる赤ちゃんに対して虫歯予防に取り組んでいることからみても、我が国では歯科の専門家による介入が非常に遅いと言えます。

 

そういった現状の中、ママ達に少しでも早い時期に歯に関する様々な情報を発信していきたいと考えています。

 

 

今回が今年最後の講座となりましたが、子ども達の歯の健康を守るため、地域を通じての活動を今後も続けていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年11月17日 / 院長より / コメント (0)

いい歯の日

帯広の歯科医院 プラス歯科クリニック 副院長の海野久美子です。

 

本日は11月8日。

 

そう、「いい歯」の日です。

 

この日が近づいてくると、メディアなど各方面で歯の話題が取り上げられ、歯の健康の意識が高まる時期と言えます。

 

明日、帯広でも「いい歯の日」イベントがあります。

 

『いい歯の日』30周年記念講演会

 

そして、いい歯の日に因んで・・・という訳ではないのですが、

 

当院でも私が来週月曜日と木曜日、市内の保育園支援センターで歯みがきのお話をしに行きます。

 

その様子は、またブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

先日、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」とういう番組で山形県酒田市の歯科医師である熊谷崇先生が紹介されました。

 

熊谷先生は、予防歯科の第一人者で歯科業界では世界的にも名の知れた先生です。

 

熊谷先生が開業する日吉歯科診療所に通う子どもの8割が、20才になっても永久歯に虫歯が1本もないなど、大変素晴らしい実績をあげています。

 

 

先日、日吉歯科診療所に勤務しているある先生から絵本を戴きました。

 

熊谷先生監修、女優で作家の室井滋さん作の絵本とのこと。

 

室井さん独特の語り口調も楽しく、歯の健康や予防についてわかりやすく書かれています。

 

 

ハロウィンの絵本にかわり、今月から当院の待合に置いています。

 

最後のページには、熊谷先生からのメッセージもあります。

 

 

親子で楽しめる絵本です。

 

是非、ご覧下さい。

 

 

 

 

2014年11月08日 / 院長より / コメント (0)

ハロウィン

帯広の歯科医院 プラス歯科クリニック 副院長の海野久美子です。

 

日毎寒くなっていますね。

 

10月といえば、ハロウィン。

 

我が家でも子供たちとジャック・オ・ランタンを作り、火を灯して楽しんでいます。

 

温かみのあるオレンジ色のかぼちゃと灯火に、心癒されています。

 

 

当院でもハロウィンのディスプレイをしたり、絵本を置いています。

 

 

絵本は、「日本でいちばん人気のハロウィン絵本」とのこと。

 

内容が気になるところですね。

 

私も読んでみようと思います。

 

 

 

先日、スタッフの誕生日がありお祝いしました。

 

プレゼントは、恒例の花すず喜さんのアレンジメント。

ピンクやオレンジ色の暖色系のお花に寒さも癒やされます。

 

 

これからますます寒くなってきますね。

 

身体の防寒はもちろんのこと、色々なものに心も癒やされながら、寒さ乗り切っていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年10月25日 / 院長より / コメント (0)

最近の出来事

帯広の歯科医院 プラス歯科クリニック 副院長の海野久美子です。

 

朝晩は、秋を通り越して初冬を感じさせる寒さの帯広です。

 

最近の出来事といえば、青色LEDのノーベル賞受賞。

 

素晴らしい功績ですね。

 

青色LEDは、歯科でもいくつかの機器に応用されています。

 

材料を固める照射器、ホワイトニングに使用する照射器・・・など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LEDの応用により、従来の機器より歯牙負担の軽減や照射時間の短縮などが可能となり、日々の診療には欠かせないものとなっています。

 

 

本当に素晴らしいです。

 

 

 

 

そして、当院の最近の出来事は・・・、

 

2名のスタッフの誕生日がありました。

 

 

開業以来スタッフの誕生日を皆で祝っています。

 

最早サプライズ感はありませんが、当院の恒例行事となりました。

 

 

プレゼントは、花すず喜さんのフラワーアレンジメントと何が当たるかはお楽しみの商品券です。

 

Happy Birthday!!

 

 

 

 

2014年10月11日 / 院長より / コメント (0)

北海道予防歯科臨床懇話会

帯広の歯科医院 プラス歯科クリニック 副院長の海野久美子です。

 

先週あたりから帯広は最低気温10℃を下回ることもあり、朝夕めっきり涼しくなりました。

 

秋ですね。

 

 

先週末、2日間にわたり北海道予防歯科臨床懇話会が帯広で開催されました。

 

今回は当院も主催医院のひとつとして参加し、準備に大忙しでした。

 

 

一日目のスタッフミーティングでは院長が司会を務め、当院のスタッフも発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表までは、直前まで何度もスライドを練り直し、声がかれるまで練習しました。

 

講師の内山先生から講評をいただいたのですが、当院の発表を非常に高く評価して下さいました。

 

これには院長もスタッフも大喜びでした。

 

 

 

夜は懇親会。

 

 

 

 

いつもの如くよく飲むスタッフ(笑)

 

 

 

 

 

踊るスタッフ♪

 

 

 

 

 

他の医院のスタッフとの交流もあり、楽しい時間でした。

 

 

 

二日目は、医院見学と内山先生の講演がありました。

 

当院には50名程見学に来て、スタッフは対応に大忙しでした。

 

内山先生の講演も非常にいい講演で、大変勉強になりました。

 

大忙しの週末でしたが、充実した非常にいい時間でした。

 

スタッフの皆さんには、主催医院の一員として色々協力してもらい感謝しています。

 

良い経験にもなりましたね。

 

 

本当にお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年09月27日 / 院長より / コメント (0)

秋の気配

帯広の歯科医院 プラス歯科クリニック 副院長の海野久美子です。

 

昼間は暖かい帯広ですが、お盆を過ぎた頃から朝晩は気温が下がり肌寒くなってきました。

 

先日我が子が公園で拾ったナナカマドの実も赤く色づき始めていて、秋の気配を感じます。

 

 

 

 

先日診療終了後に、当院に新しく入ったスタッフの歓迎会をしました。

 

平日の食事会でしたが、非常勤スタッフ以外は全員参加することができて、賑やかな食事会となりました。

 

美味しいものをたくさん食べて、たくさん飲んで、たくさん笑って、

 

お腹も心もいっぱいになったことでしょう。

 

 

新しく入ったスタッフも皆と楽しく過ごせてよかったですね。

 

 

入ったばかりで何かと大変なこともあるかと思いますが、一緒に楽しく仕事していきましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年09月02日 / 院長より / コメント (0)

素敵な歯科衛生士を目指して

帯広の歯科医院 プラス歯科クリニック 副院長の海野久美子です。

 

毎日蒸し暑いですね。

 

休日となるとどこかへ出かけたくなりますが、先日当院のスタッフ達は休日返上で勉強会に出席しました。

 

 

勉強会は、「SPTの考え方-素敵な歯科衛生士を目指して-」という北海道歯科衛生士会主催のもの。

 

講師は、歯科衛生士の西東聖子先生です。

 

とても魅力的なサブタイトルだったので、今回のブログのタイトルにしました。

 

 

歯は健康の源。

 

今、歯の予防が重要視されていますが、そんな時代の中歯科衛生士の役割はとても大きなものです。

 

歯科衛生士は我々歯科医師の単なるアシスタントではなく、予防のプロフェッショナルです。

 

虫歯や歯周病予防、特に歯周病においては治療の面でも非常に重要な役割を果たします。

 

 

先週は、平日の診療終了後にも歯科衛生士の石塚美紀先生の勉強会がありました。

 

同じ職種である歯科衛生士が講師というのは、とても良い刺激にもなったと思います。

 

 

毎日明るくテキパキと仕事をしている当院のスタッフ達を、私はとても魅力的で素敵だと感じています。

 

 

 

スタッフの皆さん、勉強会お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年07月26日 / 院長より / コメント (0)

帯広の歯科医院 プラス歯科クリニック 副院長の海野久美子です。

 

帯広も蒸し暑く、やっと夏らしくなってきました。

 

待合の絵本も夏らしく、「おばけ」の本を置きました。

 

せなけいこさんの作品です。

 

 

せなけいこさんの絵本は、長く親しまれている作品が沢山ありますね。

 

私が幼少のころ買ってもらった「ねないこだれだ」や「いやだいやだ」の絵本は、今は我が家の子供達が読んでいます。

 

暖かみのある貼り絵の挿絵は、いつ見ても可愛らしくて和まされます。

 

 

 

 

 

 

先日、HPの写真撮影をしました。

 

集合写真や新入スタッフの個人写真の撮影をしました。

 

 

皆、いい笑顔の写真となりました。

 

 

スタッフ紹介のページを、是非ご覧下さい。

 

 

 

 

2014年07月12日 / 院長より / コメント (0)

実験

帯広の歯科医院 プラス歯科クリニック 副院長の海野久美子です。

 

7月になりましたが、ぐずついた天気が続いている帯広です。

 

早く十勝晴れの青空になって欲しいものですね。

 

 

先日、市内の保育園の子育て支援センターで歯に関する講話をしました。

 

4年程前から年1~2回、ボランティアで行っています。

  

今回は、ホワイトボードと磁石で製作した資料を使って虫歯ができるまでのお話をしたり、フッ素の効果を実際に目で見てわかる実験をしました。

  

 

実験は、歯と似た成分をもつ卵の殻を利用し、半分にフッ素を塗って酸性の溶液(お酢)に浸すというもの。

 

 

  

酸性の環境下で、フッ素を塗った部分と塗っていない部分ではどのような差が出るのか、講話を聞きに来て下さった皆さんに見てもらいました。

 

 

 

お酢をいれたグラスに卵を入れると、1分もしないうちにフッ素を塗っていない部分から発泡が始まり、卵の殻のカルシウムが溶けだしているのがわかります。

 

それに対して、フッ素を塗った部分には変化がありません。

 

虫歯はミュータンス菌がつくる酸によって歯のカルシウムなどの成分が溶け出していく現象ですので、フッ素に虫歯予防の効果があることがわかります。

 

会場の皆さんから、フッ素の効果を実際に目で見ることができ、とてもわかりやすかったと好評でした。

 

「百聞は一見に如かず」ですね。

 

 

今月は、0歳~1歳児のお子さんをもつママ達を対象とした講話をする予定です。

 

保育園の先生から、次回の講話でも実験のリクエストがあったので、またやりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2014年07月01日 / 院長より / コメント (0)

雨の日に

帯広の歯科医院 プラス歯科クリニック 副院長の海野久美子です。

 

帯広は2週間降水日が続いています。

 

お日さまとはいつ会えるのか・・・、太陽の日差しが恋しい毎日ですね。

 

 

6月最初の週末、院長と木下先生が札幌で行われたセミナーに参加しました。

 

内容は、歯の神経の治療でより歯にダメージを少なく短時間で行える最新の機器についてです。

 

実習もありました。

 

この機器は当院でも使用していますが、従来の手技よりも治療時間が短縮され、患者さんはもちろん術者側も負担が軽減されています。

 

歯科医療も日進月歩ですね。

 

 

 

話は変わって、

 

 

来週、市内の保育園の支援センターで未就園のお子さんをもつママ達を対象に、歯の講話をすることになりました。

 

数年前からボランティアで不定期に行なっています。

 

限られた時間でよりわかりやすい話ができるよう、現在色々な文献を読みあさり、資料を作っています。

 

講話は、保育園で小さなお子さん達がいる中でお話しするので、機械は使いません。

 

パワーポイントの替わりに、紙芝居のようなものを作ってお話ししています。

 

 

今回は以前使っていたものを見直し作りなおしていますが、来週の講話までもう時間がなくなってきて、少し焦っています。

 

外は雨、もうしばらく家にこもって頑張ろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年06月19日 / 院長より / コメント (0)